CONTENTS

カリキュラム | 通信プログラムの特徴 | プログラムと教材 | 取得迄の流れと認定グッズ 受験資格 | 受講受験費用


飲食業界に不可欠な日常飲料の販売方法が理解できる総合カリキュラム!

飲食業に必要不可欠であり日常飲料でもあるコーヒー・紅茶・日本茶・中国茶。原料、製法、提供法のどれも実に多種多様です。 消費者に楽しんで頂くには正確な知識、提供ノウハウが絶対的に必要。提供した時にプロとしての真価が問われる。その期待に応えられるのがコーヒー&ティーアドバイザーです。

合格者の声

資格取得でお客様からの信頼度がよりいっそうアップしました
岡本 直子さん【料飲店】認定No.000154
コーヒーや紅茶は会社や家でも気軽に飲めるもの。だからこそプロとしての腕を見せなくてはお客様に喜んでもらえません。この資格を取得してサービスマンとしての自信がついたと同時にお客様からより深い信頼を得られるようになりました。専門店で働くならアルバイトでも基礎知識は身に付けるべきというのが私の考え。この資格はコーヒー、紅茶、中国茶など広範囲を網羅できるので飲食業に従事するならぜひ挑戦してほしいですね。

カリキュラム
【全資格共通】
新訂 もてなしの基
真のプロフェッショナルが持つべき7つの能力や知識・技能
食品・飲料の基礎知識
食品・飲料の語源 各商品の効果的な分類方法と商品特性 発酵/食品・飲料の保存管理
食品・飲料の文化
食品・飲料の歴史 世界各国の食文化 接客サービスと日本文化
テイスティング
マネジメント
飲食、サービス業の価値を高めるために セールスプロモ−ションの基本


【コーヒー&ティーアドバイザー】
お茶
起源、伝播、種類
紅茶
歴史と文化、年表、生産地の特徴、できるまで、銘柄、グレード、流通形態、楽しみ方、三大要素、成分、ハーブティー
日本茶
歴史、気候と風土、製法、製造工程、分類、楽しみ方、成分、茶菓子、茶道の心、緑茶の入れ方、道具、 緑茶と菓子のいただき方、緑茶の購入
中国茶
歴史、分類、産地と特徴、製法、保存、茶葉について、淹れ方、飲茶
コーヒー
歴史、栽培、生産地の特徴、ブレンド、抽出、楽しみ方、成分、コーヒー豆について、流通経路と品質表示
飲料の温冷効果


【使用テキスト】
新訂もてなしの基(A4/オールカラー/200頁)2019.4.1 初版
コーヒー&ティーアドバイザーズマニュアル
(A4/中面1色/148頁) 


通信プログラムの特徴
ゆっくりと集中して勉強したい…、ゆとりを持って自分のペースで学びたい…、講習会に参加できない…、そんな皆様のために、通信講座をご用意しております。 国内のみならず、海外在住の方にも人気の講座となっております。

◎全3回の課題が基準に達すれば合格です。基準に満たない場合でも期間内であれば合格基準に達するまでご指導致します。
◎専任講師の添削と講評により、効果的かつ細部にわたるチェックが受けられます。

FBO公認資格 通信プログラムを海外でご受講される場合、課題の提出・返送は、通常国際郵便となっておりますが、E-mailでの提出・返送をご希望の場合は、事務局までご連絡ください。
連絡先:cc@fbo.or.jp
担当者:通信プログラム担当

受講期間 スタート月より1年間
受講スタート時期 お申込頂きました翌月、もしくは翌々月からのスタートとなり、初回時に教材の発送をいたします。 尚、お申込及びお支払いの締切は毎月25日とさせていただきます。
例)3月26日〜4月25日にお申込の場合、5月1日スタート。


プログラムと教材

第1回 ①食品、飲料に関する基礎知識と有資格者のスタンスについて ※FBO認定会員は免除
②お茶の起源、伝播、種類及び、紅茶
第2回 ③日本茶&中国茶1
④中国茶2&コーヒー
第3回 ⑤紅茶&日本茶の淹れ方、楽しみ方の基礎知識及び、各種テイスティングと活用策定&セールスプロモーション策定
⑥中国茶&コーヒーの淹れ方、楽しみ方の基礎知識及び、各種テイスティングと活用策定&セールスプロモーション策定

テキスト ・新訂もてなしの基 ※FBO認定会員以外の方のみ配布。
・コーヒー&ティーアドバイザーズマニュアル ・コーヒー&ティー補足資料
・問題、課題解答用紙
教材 ・コーヒー2種、紅茶2種、日本茶2種、中国茶2種

学習支援ツール
動画配信サービス(オンデマンド)


取得迄の流れと認定グッズ

格後には認定証書・認定章に加え、食品、飲料の総合的な知識を持った「料飲サービス検定」合格証書を発行します。 また、認定番号入り「デジタル会員証」の他、「資格者認定シール」を付与しています。

(その他会員特典)

・FBOホームページ「有資格者」登録
・FBO認定会員割引のご利用 →受講受験料、認定料、 FBO主催のセミナー50%off
※FBOアカデミー、セミナーの一部には適用外の場合もございます。
・ブラッシュアップ受講 →復習に、新たな知識の習得に、各種講習会(1日通学コース)を無料で聴講することが出来ます。
※受験資格は付与されません。
※テイスティング教材は別途定める費用を頂戴いたします。※FBO公認講師、日本酒学講師、酒匠。及び「2日間集中プログラム」は適用されません。
・メール配信サービス →お得なセミナー情報や酒類情報が得られます 。


受験資格
お申込時に満20歳以上の方。 記載内容全てに承諾いただいた方。


受講受験費用

受講料金 合格後の諸費用
区分 通信プログラム 認定料 入会金 年会費*
はじめての方(一般) 58,800円 25,000円 19,000円 15,900円
FBO認定会員 29,400円 12,500円

*公認・認定資格年度登録費含む ※未成年者のお申し込みは、法令に基づきお断り致します。

合格後の認定登録には以下の手続きが必須となります。予めご了解のもとお申込みください。
FBO入会お手続き(入会申請ご提出、および入会金年会費(公認・認定資格年度登録費含む)のお支払)
認定登録料のお支払
次年度年会費 口座振替のお手続き
最終手続き締切日を過ぎてのFBO認定会員入会及び公認・認定資格認定手続きはできません。あらかじめご了承のもとお申し込みください。

※現在停止しています